calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

archives

りんく

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.05.13 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    分類2

    0
       
      陽イオン系界面活性剤(カチオン性界面活性剤)
      水中で解離したとき陽イオンとなる。親水基としてテトラアルキルアンモニウムを持つものが多い。逆性石鹸リンス柔軟剤などに利用される。
      • アルキルトリメチルアンモニウム塩 RN+(CH3)3X-
      • ジアルキルジメチルアンモニウム塩 RR'N+(CH3)2X-
      • アルキルベンジルジメチルアンモニウム塩 RN+(CH2Ph)(CH3)2X-
      両性界面活性剤(双性界面活性剤)
      分子内にアニオン性部位とカチオン性部位の両方をもっているので、溶液のpHに応じて陽・両性・陰イオンとなる。上記のそれぞれを組み合わせた構造をもつ。
      • アルキルジメチルアミンオキシド R(CH3)2NO
      • アルキルカルボキシベタイン R(CH3)2N+CH2COO-

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.05.13 Sunday
        • -
        • 18:14
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        この記事のトラックバックURL
        トラックバック