calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

archives

りんく

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.05.13 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    分類

    0
       界面活性剤は、親水性部分がイオン性(カチオン性・アニオン性・双性)のものと非イオン性(ノニオン性)のものに大別される。また、低分子系と高分子系に分類されることもある。
      陰イオン系界面活性剤(アニオン性界面活性剤)
      水中で解離したとき陰イオンとなる。親水基としてカルボン酸スルホン酸、あるいはリン酸構造を持つものが多い。カルボン酸系としては石鹸の主成分である脂肪酸塩やコール酸塩が、スルホン酸系としては合成洗剤に多く使われる直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムポリアクリルアミドゲル電気泳動にも利用されるラウリル硫酸ナトリウムなどがある。
      • 石鹸(脂肪酸ナトリウム) RCOO-Na+
      • モノアルキル硫酸塩 ROSO3-M+
      • アルキルポリオキシエチレン硫酸塩 RO(CH2CH2O)mSO3-M+
      • アルキルベンゼンスルホン酸塩 RR'CH2CHC6H4SO3-M+
      • モノアルキルリン酸塩 ROPO(OH)O-M+

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.05.13 Sunday
        • -
        • 18:12
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        この記事のトラックバックURL
        トラックバック